水筒の歴史

現在水筒は学校や会社、旅行やピクニックへ出かけるときによく利用されているものです。
最近では外へ持ち歩いたときでも保温効果を長時間持続できるものや、持ち運びが便利なコンパクトサイズのものなどがあります。
このように水筒は年々進化を続けていますが、最近だけではなく紀元前3000年頃から使われているとされています。
水分を摂取することは人間の身体機能を維持するために大切なものです。
人間の身体は約60パーセントもの水分が含まれており、一日の行動によって少しずつ体内の水分量が減ってしまいます。
喉が渇いたときに水を飲めば不足した水分を補うことができますが、手元に水がないとすぐに水分補給をすることができません。
水筒を持参していれば周りに水がなくてもすぐに飲むことができるので便利なものなのです。

昔の水筒はひょうたんのものや竹を使ったものが多く、それらを使うことで水分確保をすることができました。
地域によっては動物の内蔵を使ってそれを水筒代わりにすることも多かったとされています。
今では蛇口をひねれば好きなだけ水を飲むことができますが、昔は水分が貴重なものとして扱われていました。
体内の水分量が減ると命の危機に瀕してしまうことから、ひょうたんや竹などの道具を使って水を常備している人も多かったのです。
このアイデアから時代の変化とともに少しずつ水筒も進化してきており、現在では様々な機能性を持った水筒が多く登場してきています。