キレイな水筒

水筒のメリット

かわいいイラストがプリントされた人気の水筒の情報総合サイトはコチラ!ぜひともお子様と一緒にチェックしてみましょう!

美味しくて安い水をいつでも飲むことが出来ますよ!ウォーターサーバーを比較しているコチラで、あなたが求める商品を探しましょう。

現在、エコブームもあり、水筒を持ち歩く人も多くなってきました。
マイボトルという言葉が広がり、水筒やタンブラーを持ち歩く人も多いようです。
なお、タンブラーと水筒の違いは密閉性が大きく異なることです。
タンブラーの本来の意味は、ガラス製のカップです。
蓋が付いているものもありますが、ゴムパッキン等がないものも多いので、こぼれにくいではありますが、完全にこぼれないわけではありません。
水筒は、外に持ち歩くのを前提で作られているので、密閉性が高いものが多いようです。
密閉性のことを考えて商品を選ぶ場合、水筒を使うことは非常に有効です。

水筒を持ち歩くといくつかメリットがあります。
その中の一つが、経済的だということです。
外で飲み物を買う必要がなく、ずいぶん安く済ませることができます。
また、現在の水筒は様々なデザインがあります。自分の好きなデザインを選んで、毎日持ち歩く事ができます。
大きさもカバンに入りやすいものから、外のレジャー用まで様々です。
自分の持ち歩きやすいものを選んで、使用することで水筒に愛着も湧き、楽しんで使うことができます。

水筒の一番大きなメリットは、保温機能や保冷機能があることです。
いつでも温かい、もしくは冷たい飲み物を楽しむ事ができます。
魔法瓶型の水筒の場合、容器は二重構造になっています。
二重になっている間が真空になることで、熱や冷たさが外に逃げずに、保つことができます。
しかしながら、完全な真空状態とういのは、なかなか作れないものです。
なので、長時間の保冷や保温はできますが、永久的というわけではありません。
また、水筒の中身は鏡面になっていますが、これはエネルギーが電磁波となり、放射熱になって逃げることの防止策です。
電磁波は鏡の面で反射させ、跳ね返らせることで外に逃げないようにしています。
鏡面も完全に反射するわけではないので、完璧に温度の放射を防ぐことはできません。

ベビーローションの人気ランキングがこちらで発表されています。乳児湿疹のケアにも使えるアイテムを購入しておきましょう。

水筒の歴史

水筒は、紀元前3000年前から登場していました。動物の内臓を使って水を持ち運びするなど、旅や生活には欠かせないものでした。日本でも、ひょうたんや竹を使用し、水を持ち歩いていました。

現在の種類

現在の水筒の多くは、ステンレス製です。以前はプラスチック製やガラス製の製品が多かったのですが、ステンレスにしたことで保温機能が高まり、サイズも様々なので非常に持ちやすくなっています。

洗い方

水筒を洗う際は、専用の洗浄剤や専用ブラシ等を使うと楽に洗うことができます。においが気になるという場合、酵素系の漂白剤を使用すると、においがなくなります。また、漂白剤を使用できない場合、重奏が役に立ちます。